女っぽい夫、男っぽい妻

スポンサーリンク

 

我が家の愛する夫くんは、女っぽい。

誤解を招かぬよう説明すると、口調が、仕草が女性らしいという事ではない。

正確に言うと、ガタイがよく「妻は俺が守る」と言う責任感に燃えるいい夫だ。
私がお茶をこぼしても、お皿を割っても、食洗機のスイッチを入れ忘れて食器が使えなかった時も、「お前は面白いやっちゃ」と笑って済ませてくれる。
実にいい夫、いい男である。

しかしながら反面、色々と細かく、気がつきすぎるので自他共に認める面倒くさい性格なのだ。

 

ある日、夫くんは急に不機嫌になった。

夫の無視は、いきなり始まる。
決して理由は言わない。
ひたすら私を無視し続ける。
無視を続ける理由は、「自分で考えなきゃお前は成長しないから」らしい。

確かにねぇ。
なぜこのような状況に陥っているのだ、と考えた方が、人間成長するってもんだ。

しかし片や答えを分かっている状況で、しかもこれは人間同士の、更にいえば夫婦という究極の他人同士の擦った揉んだなわけである。

 

「俺は●●で怒っているんだ」

 

と言ってくれた方が、なんと楽なことか。
夫婦喧嘩とやらが長引かずに済むのである。

 

ややこしや。

 

さて、今回の怒れる夫くんの無言攻撃は、4日間を超えた。

 

まさかこれは1週間コースですかい?
あたしゃ、そろそろ普通に会話がしたいよ。

 

私のHPも、そろそろ限界が近づいていた。

 

もう無理、限界。
そう思っていた矢先、夫くんから、

 

「楽しい?」

 

という一言をもらう。
これぞ正真正銘、K.O.だ。
私はどうなったかって、「楽しいわけないじゃない」と号泣。

 

完全ノックアウト状態。
口をきいてもらえない間、ひたすら無視されている理由を考え続けたのだが、如何せん確証を得られるような理由が見つからない。
これほど辛い攻撃はないのだ。

 

夫くんが怒っていた理由

理由をきいて、愕然とした。

 

私の機嫌が悪く、イライラしていたから。

 

・・・。

 

正直、八つ当たりをした覚えはない。
ただ一つ覚えているのは、生理前でイラっとしてたこと。
他の家事に追われている時、「洗濯しないの?」と夫に言われ、腹が立ち、イラっとした口調で「ああ、これ終わったらね。」と言ったことだけだ。

 

それだけだったはずだ。

しかしそれが、夫くんの琴線に触れたのだ。
夫くんの怒りボルテージは急上昇し、私を無視することに至ったのだ。

 

細かい夫の言うことは、ごもっとも

夫くんがなぜ無視をし続けたのかと言うと、私に

 

「イライラは人に移るものだ」

 

と言う事実を知って欲しかったからだ。
負のエネルギーは、相手に伝わるからね、ごもっともですよね。

でも、夫くんよ。
それで無視4日間はつらかったよ。

しかし、うちの愛する夫くん、決して理由のないイライラを私にぶつけないのである。
どんなに会社で嫌なことがあろうと、私に八つ当たりする事は一切ない。
完璧すぎて、ぐうの音も出なかった。

会社の嫌な事一つ匂わせず、私に尽くしてくれる夫くん。
女っぽい!

 

嫌なことがあったら無視する。
悟れ、という夫くん。
やっぱり女っぽいよ!

 

ねぇ、なんで怒ってるの?
・・・自分で考えたら?

 

こんな様子が目に浮かぶよ・・・
うちは、男女逆だけどね。

 

男っぽい私は、夫くんに八つ当たりしたことすら、気がつかない。(忘れてる。)
夫くんが、隠しきれずちょっとイラついていたとしても、触らぬ神に祟りなしの精神で、「私なんかした?」と思いながら、イラつきが収まるまで待ってみる。

 

まるで昭和のドラマに出てきそうな、

かぁちゃん、何で怒ってんの?俺、なんかしたかな?
Mie
(娘)知らないよー。自分で考えなよ。
えー…。参ったなぁ〜。

 

的な会話だよ。

うちは男女逆ですが。
きっと未来の私と子供でしょうね。

 

うちの夫は、女より女っぽい。
細かくて、めんどくさい。

 

男女逆転してますが、これはこれで、うまくいっているのです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1987年生まれ。29歳の時にコンサルティング業で起業し、出版も経験。30歳で結婚。結婚と同時に不妊治療も開始。多嚢胞性卵巣で、排卵が上手くできない。起業でガンガン頑張りたい気持ちもあるものの、今は妊活を最優先!と思い、お仕事は調整しながらやっている。女性のライフスタイル&ライフプランを考える瞬間が増え、ブログに残しておこうと思い、執筆しています^^