明るいおデブの作り方!おデブでも楽しい毎日を過ごす方法を紹介するよ。

スポンサーリンク

 

デブでも自分が大好きになれます!!

こんにちは^^ 体脂肪率40%超、デブ嫁のMie(@MieLifeStyle)です!

 

ぽっちゃりを通り越して、完全なるデブ化して早5年。

 

Mie
25歳前後の頃は、55kgとか、増えても58kgとかだったんですよね〜。どうした?!

 

現在妊活のために必死にダイエットに励んでいますが、おデブになっても、私は自分を嫌いになったことがありません。

俗にいう、明るいデブです^^♪

 

今日は勝手ながら、明るいデブになれる3つのポイントをお話しま〜す!

 

その1:食べたかったら、もりもり美味しそ〜うに食べよ!

おデブと言ったら、「食べる!」

 

でも、中にはこの食べるという行為を

 

Mie
人に見られたくない〜

 

って思ってしまう人もいると思うんだ。
これはね、ハッキリいうと「被害妄想」が思考を支配してしまうからなんだ。

あとは、人から「よく食べるね〜^^」と言われたことを、バカにされた!と捉えてしまっているか。

 

Mie
うん、その考え方、やめよう。

 

食べたかったらね、美味しそ〜うに食べるんだよ。

 

私はね、美味しそ〜に食べることには自信がある^^
結婚して義母の手料理を初めて食べた時にも役立った!

 

気にしすぎて、何も楽しめないようなら、痩せる努力をしたら良いのさ。

痩せる努力をしてもいないのに、太っている自分にしかめっ面するのは、おかしいよね!

 

その2:少しでもくびれ&鎖骨が見えたら、超絶喜べ!

おデブちゃんの基本はね、ダイエットがうまくいかないことなんだよね。

 

頑張っているのに、なかなか痩せない。
ちょっと痩せては、リバウンド…

 

これがデフォルトじゃない?!

 

上手くいかない自分にイライラして、ますます自分を嫌いになっちゃうね。
ここで大事なのは、人が気がつかない程のくびれ&鎖骨の影が見えたら、喜びまくるってこと!

 

Mie
人が分かんなくたって良いのよ〜。
ってかそもそも、人はそんなに私らおデブの事を見ていないw

 

あなたもそうじゃない?
友達の細かいメイクの違いとか、服の感じとか、気がつかない時だってあるでしょ?

 

そんなもんなのさ!

だったらね、痩せない自分を見て、どんよりしている必要はない!

 

Mie
ちょこっと痩せた自分を、褒めまくれっ

 

その3:おしゃれを楽しめ!

 

おデブだからって、いっつも同じ服着てない?!
おしゃれ、諦めてない?!

 

 

Mie
痩せたら新しい服買うから、今は買わないでおくんだ!

 

って思ってない?!
これ、NGだよ〜!!!

 

「痩せたら買うから…」

 

って思いながら、ずっとヨレヨレになった服や同じ服ばっかり着ているとね、ファッションセンスも落ちてしまうし、新しい服をきる時に感じるウキウキ感も薄れていくの。

するとどうなると思う?!

 

 

 

どんどん、ダサくなって行って、どんどん老け込んでいくんです!!

 

 

 

おデブだって、おしゃれしたら良いのさ!!

 

オフィスカジュアルだって、大きいサイズで可愛いのがあるよ〜!

 

ワンピースなんて、春先にめっちゃ良さそうじゃない?!

 

↓ここのサイトは、ぽっちゃり読者モデルさん達の「今日のコーデ」が見られるから、参考になるよ〜^^


同じくらいの体型の女性達が、おしゃれを楽しんでいる姿が見られるの!!
これが一番勇気になるっ^^

 

 

自分の幸せは、自分で掴むんだよ^^
体型がどーのこーの言っている暇があるなら、今の自分を楽しんだら良いの♪

 

Mie
おデブになって、友達減りましたか?
おデブになって、あなたの友達は、あなたを避けるようになりましたか?

 

きっと、違いますよね。
あなたのお友達は、あなたが太っていようが痩せていようが、あなたをあなたとして見てくれているから、お友達関係が続いているはずなんだ。

 

もし友達がね、「痩せてる友達としか付き合わないの私〜。」って言ってるのなら、今頃すでに縁が切れているはずだよ!

それでも、太っている自分が嫌いですか?
ウジウジ、イジイジしますか?

 

明るいデブ、楽しもうよ♪

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1987年生まれ。29歳の時にコンサルティング業で起業し、出版も経験。30歳で結婚。結婚と同時に不妊治療も開始。多嚢胞性卵巣で、排卵が上手くできない。起業でガンガン頑張りたい気持ちもあるものの、今は妊活を最優先!と思い、お仕事は調整しながらやっている。女性のライフスタイル&ライフプランを考える瞬間が増え、ブログに残しておこうと思い、執筆しています^^