布ナプキンって、ちゃんと汚れ落ちるの?布ナプキンの汚れが落ちない時の対処法。

スポンサーリンク

 

「布ナプキンって、使ってみたいけどちゃんと経血落ちるの?」

「経血がシミになっちゃって、汚い感じにならないの?」

 

Mie
買った時に付いてた洗剤使ったけど、ぜんっぜん汚れ落ちないんだけど!もういやや!

 

どうもこんにちは^^Mie(@MieLifeStyle)です!

「布ナプキンを3周期毎日使ってみた私の汚れの落とし方」をご紹介します♡

 

まずは布ナプキンの洗い方から見ていきましょう!!

布ナプキンの汚れを落とす、スタンダードなやり方

布ナプキンの汚れを落とすには、一通りの手順があります!

 

①経血を流水で洗い流す

②アルカリウォッシュ などのアルカリ性衣類用洗剤で3時間以上浸け置き

③手でもみ洗いor洗濯機で洗う(柔軟剤はNG)

④風通しの良いところで干す

 

ざっくり言うとこんな感じ。

 

Mie
ぶっちゃけ、メンドくさいよねぇ。

 

はい。紙ナプキンより手間はかかります。

でもその分、生理痛が軽くなったり、ナプキンかぶれが無くなったり効果はあるんだよね^^

 

 

あの〜…経血汚れが全然落ちないのですが…

布ナプキンのスタンダードな洗い方をキッチリ守って洗っていた私。

あのね、生理2日目や3日目の経血が鮮血で、どっぷり出ている時期は良いんです。
落ちやすいんです。

 

でもね…4日目〜6日目に出る、茶色い経血。
これが落ちない!!!

 

そもそも茶色い経血って、古い経血なんです。
経血が酸化していることや、オリモノと混ざって茶色く変化します。

 

ちょっと汚い話だけど、たま〜にナプキンがズレちゃって、経血がパンツに着いてしまう時がありますよね。
家にいる時だったらすぐに洗えるけど、仕事先なんかで夜までそのパンツが洗えない。

 

Mie
パンツについてしまった経血って、すぐに洗った時と違って落ちづらいですよね(涙)

 

これと同じ原理です。
パンツについた経血が酸化して、落ちづらくなっている状態ですね。

 

布ナプキンについた、酸化した血液は、布ナプキンのスタンダードな洗い方でも落ちないのです…!!

 

Mie
じゃぁ、どうしたら良いの??

 

そんな時にハッと閃いたのが、オキシ漬け!!

 

【送料無料】オキシクリーン 1500g 過炭酸ナトリウム 酸素系漂白剤【オキシ漬け 洗濯 洗たく 部屋干し ニオイ 臭い 匂い 粉末 大容量 1.5kg 1.5kg 掃除 衣類 スニーカー 洗濯槽クリーナー】

 

オキシクリーンを溶かした液に布ナプキンを浸けたら、どうかな?と思って、実際に試して見たわけです。

 

買った時と同じくらい、白くなったよ〜(涙)



Mie
ちょっと黄ばんでいた私の布ナプキンが、白くなりました〜!

 

 

使用済みナプキンで、すみません(汗)

でも、綺麗に取れているでしょ?!

 

 

こちらは未使用の、上の写真のナプキンと同じシリーズ。
大のお気に入り、nunonaの布ナプキン

 

 

未使用ナプキンと同じくらいの白さに戻りました♡

 

ポイントは、オキシクリーンの量と、温度!

約40度のお湯1Lに対し、オキシクリーンを大さじ2杯分溶かします。

その中に、軽くもみ洗いしたナプキンを投入!

 

 

これもリアルガチな写真ですみません。
オキシクリーンがしゅわしゅわしゅわ〜〜っと、経血汚れと戦ってくれています♡

 

Mie
3時間ほどオキシ漬けをしてあげると、真っ白なナプキンに戻ります!

 

あとは、すすぎ洗いをして、脱水だけ洗濯機でかけておしまい♪

私はお風呂に入る時に、ナプキンを洗うようにしているので、お湯はお風呂のお湯で対応します^^

 

オキシクリーンは、こんな感じで

 

 

100均の小麦粉保存容器の中に計量スプーンを入れ、脱衣所に収納すれば、オキシクリーンの量も計れるし、便利ですよ^^

 

ちなみに、オキシクリーンがもっとも効力を発揮してくれる温度は、約40度〜60度だそうです^^

 

 

匂いも気にならないし、経血汚れもしっかり落ちてくれるし、何よりもナプキンが傷まないので安心して洗えます♪

 

まとめ

 

布ナプキン生活になって思ったのは、ナプキンを洗うのは意外とめんどくさくないってこと!

 

自分の経血がどんな感じか見ることができて、ちょっとした体調の変化にも気がつけます。

日常的に使っているオキシクリーン十分綺麗に洗えるので、わざわざ布ナプキン専用の洗剤を買う必要も無し!

これからも布ナプキン生活、レポしていきま〜す♪

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1987年生まれ。29歳の時にコンサルティング業で起業し、出版も経験。30歳で結婚。結婚と同時に不妊治療も開始。多嚢胞性卵巣で、排卵が上手くできない。起業でガンガン頑張りたい気持ちもあるものの、今は妊活を最優先!と思い、お仕事は調整しながらやっている。女性のライフスタイル&ライフプランを考える瞬間が増え、ブログに残しておこうと思い、執筆しています^^